在庫なし > シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2003
 
 
 
前の商品 シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2003 次の商品
 
 
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2003

拡大 ( Size : 29 kb )
 
商品コード : http://kitadaya.co.jp/shopdetail/013000000091/
価格 : 16,000 円 (税込 17,280 円)
ついに来ました!!ドラマ神の雫登場の「神の雫」その上のクラス同ヴィンテージを入手!
数量    売り切れ
 
 北海道・沖縄・九州を除き、直輸入ワイン税抜き10,000円以上お買い上げの場合、送料・代引き手数料サービスさせて頂きます。(北海道・九州は送料減額サービス300円、沖縄は同じく1,000円頂きます)
 
 
 

シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2003

「神の雫、それは永遠なるもの」
「地上で何が起きても揺らぐ事はない」
「このワインはまさに神が作り出した、ひとしずくである」

ドラマ神の雫とうとう終わってしまいましたね。ぽっかり心に大きな穴が開いてしまっているファンの方も多いのでは??店長もその一人です。

しかーし、その最後の1本が!!同じ年の上のクラスが〜!!

入荷しました〜!!
これは、これは、嬉しい限りです。


神咲雫と遠峰一青の最後の決戦は「使徒」ではなく“神の雫”を探す事!

漫画では、まだ第六の使途まですが、ドラマでは神の雫に辿り着きました!!

"神の雫"それは永遠なるもの、、、、、それは受け継ぐこと。。。。

ドラマで、神の雫として取上げられたワインは、
「シャトー・ル・ピュイ2003年」

猛暑だった2003年は、フランス全土で植物や農作物が枯れてしまうという、過酷な気象条件。
しかし、このル・ピュイの畑は400年もの間除草剤や、農薬、化学肥料など一切撒かれた事のないフランスでもかなり希少な存在。

そのお陰で、ブドウの樹は大地の奥まで根を張り、地中70メートルから、必要な水分を取り入れ、2003年のような猛暑な年でも、雨の多い年でも、毎年変わる事無く程よい水分と栄養が地中の根から吸い上げられているのです。
有機栽培されていない畑の葡萄は、栄養が土地の上部にあるため、ここまで根を深く張る事はありません。

そして、このル・ピュイは50ヘクタールある敷地のうち、葡萄園を25ヘクタールだけに留め、周囲に森林を昔のままに残し、生態系がちゃんと維持された状態で400年もの間、そのテロワール(土地の個性)を維持しているのです。

ここからは、遠峰一青(田辺誠一さん)と神咲雫(亀梨和也さん)との言葉を引用してご紹介いたします。
遠峰一青
「このワインは地位も名声も全てのワインの頂点に立つ存在とは言いがたい。しかし味わえばここに永遠なるテロワールと呼べる深みを感じる事が出来る。このワインは、400年もの長きの間、一滴の農薬も使わずに自然なままの製法で作られてきたもの。
ゆえに、大地の上で何が起きようとも、例え猛暑で各地の葡萄の樹が枯れた2003年でさえもこのワインの葡萄の樹は地中深く、70メートルにまで根を張り、見事なエレガントなワインを生み出した。400年間何世代にも渡り、作り手の愛情を注いだ結果、このワインの葡萄の木の根は深く深く大地に根付いたのです。
それはまるで、親から子へ、又その子へ、光を受け継いでいくように、決して絶やしてはいけない、それは、果てしなく、続くべき物。」
「このワインはまさに、永遠なるもの」

神咲雫
「永遠なるもの。それは、受け継ぐ事。親が子に教え、それを又次の世代へと伝えていく、自然と共生し、ただひたすらに生きる。そんな信念を持った人間が作る奇跡のワイン。」
「それが、神の雫」
「受け継いだテロワールを受け継いだ子達が、自らの力で伸ばしていく。このワインが受け継がれてきた物、ワインを通して僕を育ててくれた。。。有難う親父!」


昔、プリューレ・ロックのアンリ・フレデリック・ロック氏から、あのワインは旨いよ!輸入したら!?
と言われた事がありましたが、ちょうどその頃輸入に掛かる費用が賄えなかった為、仕入を諦めておりました。
実際、東京でのワインイベントで、そのワインを飲んだ際、あまりにナチュラル、あまりにまろやか、あまりに美味しく、
どこかインポーターが決まったらすこしづつ仕入れよう!と心に決めておりました。

しかし、時は過ぎるのも早い物、あれから6年か8年位経ったでしょうか?

応援していたドラマ神の雫の画面上で久しぶりの対面を果たしました。
家族やスタッフの皆が、何??あの「ル・ピュイ」って?
と言われた時、数年前に出会って、仕入れたかったワインだよと言いました。

でも、社長にだけは言えませんでした。
なぜかと言えば、別の日に同じワインの試飲イベントに行き、帰ってきてから「直紀あのワイン旨いな〜、仕入れとけば」と言われたワインが、まさにこの「ル・ピュイ」だったのです。

きっと、社長に言ってしまうと「ほら、あの時言っただろう!仕入れば良かったんだよー!!」と怒られるのは目に見えています。

永遠なるもの、それは受け継ぐ事。

社長がお茶やワインお酒で培ってきたテイスティングの業は、別々の日に同じ会場でそのワインに出会い、美味しい、旨い。と思えたワインが全く一緒。
まさに酒屋魂は受け継がれていたんだな〜。と、感無量になった一時でした。
ドラマの内容ともすこしだけですがリンクしますね。

ようやく、インポーターさんを探し当て、念願のワインの入荷となります。
是非、皆様お楽しみくださいませ。

シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2003

通常のトラディションと品種の割合は一緒!!こちらのバルテレミーは、酸化防止剤不使用で、よりナチュラルに、よりコク旨味の深い素晴らしい味わいの赤。
心地良い酔い心地、フワーッと広がる美味しい味わいは、きっと素晴らしい神の雫の世界が味わえる事と思います。
神の雫原作者の亜樹直さんも大絶賛の素晴らしいワインです。是非是非この貴重なワインをお楽しみ下さい。

神の雫登場ワインをご紹介します。
その他、神の雫に掲載されたワインはこちらから!

種類 ワイン産地 容量 ぶどう品種
赤ワイン ボルドー、コート・ド・フラン 750ml 2003年 メルロ85%、カベルネ・ソーヴィニヨン14%、カルメネール1%

フルボディー/有機野菜、お肉等



シャトー・ル・ピュイ、その他のヴィンテージ
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2005
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2004
シャトー・ル・ピュイ バルテレミー 2000

シャトー・ル・ピュイ 1996
シャトー・ル・ピュイ 2004


115KITADAYA「おいしいワインブログ」

『ストウブ料理デビュー!!そして、ル・ピュイが旨かった〜!!』にて掲載中!

  • ル・ピュイやはり旨いですね〜!!
    家族全員がおーーーーっ!!!状態でした。
    ドラマに出てきた400年の畑が目の前に現れました。
    深くて、濃くて、優しい。そして2003年という猛暑の年にもかかわらず、しっかりとした酸を持っていて、甘すぎず、バランスが最高!!
    他のヴィンテージも試したくなりました。

    全文はコチラからどうぞ!

  • © Wine Shop 115 KITADAYA