在庫なし > ハップス スリーヒルズ カベルネ・ソーヴィニヨン
 
 
 
前の商品 ハップス スリーヒルズ カベルネ・ソーヴィニヨン 次の商品
 
 
ハップス スリーヒルズ カベルネ・ソーヴィニヨン

拡大 ( Size : 18 kb )
 
商品コード : http://kitadaya.co.jp/shopdetail/007000000002/
定価 : 6,000
価格 : 6,000 円 (税込 6,480 円)
『神の雫』コラムでも紹介 西豪州トップワイナリー!
数量    売り切れ
 
 北海道・沖縄・九州を除き、直輸入ワイン税抜き10,000円以上お買い上げの場合、送料・代引き手数料サービスさせて頂きます。(北海道・九州は送料減額サービス300円、沖縄は同じく1,000円頂きます)
 
 
 

2002 ハップス スリーヒルズ カベルネ・ソーヴィニヨン
HAPPS -THREE HILLS-

 ●ハップスについて
 
 ハップスは1978年に設立された蔵元(畑はマーガレットリバーの北と南に36ha所有)で、同地を牽引する蔵元のひとつ。「いかにマーガレットリバーがワイン造りに適しているか!?」と地質学と気候風土を独自で研究&分析し、学会で発表してしまうほど熱心な親父、アール・ハップさんの造る、土壌の特性を最大限に生かしたワインが、パーカーさん始め全世界に認められてきています。
 以前、「西豪州最高のワイン産地はどこか」の調査がDr.グラストン氏によって実施され、マーガレットリバーが最適と発表されました。
 この結果は「この地が最高」と信じるハップさんを喜ばせるだけでなく、地元生産者の心強い支えにもなりました。
 

●スリーヒルズ ヴィンヤードはハップさんがプレミアエステートワインのみを生産するために1994年に設立。
 スリーヒルズの「シラーズ」は、1999ヴィンテージでパーカー95点を獲得したことで脚光を浴び、2002は西豪州(西オーストラリア)シラーNo.1に輝き、その品質と評価は不動のものに。


「世界中のワインを飲みつくすDRCサイトウ先生が惚れ込んだ限定豪州ワイン!!」

 ●スリーヒルズ・チャールズ・アンドレアス 2002
 代々、西オーストラリアの地でぶどう作りを行なってきた先祖への敬意の念を表し、ハップスが造りだすスペシャルワインが、このスリーヒルズ・チャールズ・アンドレアス。 
 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、マルベック、プティ・ヴェルドといった伝統的なボルドー品種をブレンドし、複雑さとそれぞれの奏でるハーモニーの豊かさを見事に表現しています。
 それぞれのぶどうは個別に醸造され、1年間の熟成を経た後にブレンドされます。決まったブレンド比率ではなく、各々のぶどうの状態を考慮しながら比率が決定されます。
 ちなみに2002年ヴィンテージではカベルネ・ソーヴィニヨン92%、マルベック4%、メルロー4%という配合比率となっています。
 ワインを小樽(バリック)で20 ヶ月以上も熟成することにより、豊かな香ばしさとがっしりとしたボディが生まれます。
 
 プラムやラズベリーのような華やかなアロマが広がり、その中にわずかに土やブラックオリーヴのニュアンス、さらにはミントやユーカリの青いニュアンスもうかがえます。
 とてもソフトでエレガントなタンニンは舌や喉に心地良く、長期熟成にも耐えうるポテンシャルを十分に示しています。

種類 ワイン産地 容量 ぶどう品種
赤ワイン オーストラリア マーガレット・リヴァー 750ml 2002年 カベルネ・ソーヴィニヨン92%、マルベック4%、メルロー4%


115KITADAYA「おいしいワインブログ」

頒布会のワインとだだちゃ豆そして牛ほほの煮込み!にて掲載中!

牛頬の赤ワイン煮には、今月の頒布会Bコース「ハップス カベルネッツ」とCコースの「ハップス スリーヒルズ カベルネ・ソーヴィニヨン」のどっちでも良く合うだろうと臨んでみました。

ところが。。。


どちらも同じ蔵のカベルネ主体のワインなのに、何故このような結果に???

全文はコチラからどうぞ!

© Wine Shop 115 KITADAYA